引き起こす理由

敏感肌というのはどんな肌の状態のことなのか

敏感肌とは、肌の角層に乱れが生じている状態の肌のことをいいます。その症状には個人差がありますが、外部刺激にたいしてヒリヒリ刺激を感じる・かゆみを感じる等の反応を示すことが多くいわれています。敏感肌となってしまう理由には、日ごろのスキンケア、特に水分の補給が充分ではなかったことによる乾燥が特に多いとされています。これには室内ではほぼ年中空調が入っており、乾燥しがちな環境であることが多いことが理由としてあげられています。また、ある程度の年齢になってからは肌の回復機能にも衰えが現れだし、肌に本来備わっている外部刺激へのバリア機能も弱まり、結果として敏感肌といわれる症状をあらわすようになったという事例も多いようです。

肌を守るために気をつけたいクレンジングのこと

では、敏感肌になった状態において、クレンジングはどういったことに気をつければ良いでしょうか。一番大切なことは、肌への刺激をできるだけ加えないように心がけることです。そのためにまずは、クレンジング剤は、洗浄剤が強すぎるものは避けることが必要です。天然由来成分ですとか、肌にやさしい洗浄剤であることが明記されているものを選びましょう。また、同時に保湿成分もしっかりと加わったものを選び、乾燥を防ぐように心がけます。そしてクレンジングの際には肌をこするような使い方はせず、肌表面をなでるようにやさしく落とすことを心がけ、たとえ自分の指でも刺激になると考えて、丁寧に落とすことが大事です。 肌に余分な脂や汚れが残ったままだと、それもまた肌荒れの原因、敏感肌の症状の悪化につながりますので、クレンジングそのものはメイクのたびにしっかりと行います。